• ホーム
  • 近所の騒音迷惑は誰に言えば解決するのか

近所の騒音迷惑は誰に言えば解決するのか

新しい土地に引っ越した場合、近隣の騒音に悩まされるなどの悩みが発生することがあります。マンションでは管理会社や管理人に連絡する方法が考えられますが、一戸建ての場合はその方法が使えません。マンションの管理会社や管理人に相当するのが一戸建ての場合は明快に決められていないのがほとんどです。近隣から怒鳴り声や子供の声が聞こえ、寝不足などでストレスが重なる場合は、弁護士や警察に相談する事態も考えられます。怒鳴り声や子供の声で寝不足からストレスが重なることは放置できるものではありません。

一戸建ての日常生活では騒音の悩みは多くはありませんが、万一の場合に直接連絡できるところを用意しておくことが必要です。一戸建てでは日常生活での問題は近隣から直接生じるケースは多くはありませんが、その地域独特の問題がある場合は対策を講じる必要があります。一戸建てのある住宅地では空き家の問題が発生しやすくなります。少子高齢化により自宅の維持ができなくなった住人が自宅を放置するケースが増えています。空き家が近くにある場合は注意が必要です。

住宅地では買い物できるお店が遠いケースが増えています。少子高齢化による店舗の合理化により、スーパーやコンビニが近くになくなった場合は宅配などのサービスを利用することが必要となります。宅配の利用では留守の家庭が増え、配達業者の負担が生じています。宅配ボックスの利用を進めるなどの方法を考えることが必要となってきます。

一戸建ての住宅地では団地内の交通事故が発生するので注意が必要です。団地内は真直ぐな道路が多いこともあり、混んでなくても事故が発生します。高齢者による事故も増えていることから、団地内では交通の安全に気を使うことも大切です。特に低学年の学童がいる場合は安全な歩行路を確保することが何よりも重要なこととなります。

新築では住宅地周辺の治安を考えることも必要です。住宅地の治安は場所によっては安心できるものではなく、十分な注意が必要です。治安に問題がある地域は事前に警察と相談し、危険を回避する方法を考えておくことが必要となります。治安の問題がある地域では、自主的に安全を確保することも必要になります。クルマでの家族の送迎などにより、自らが家族を守ることも可能なのです。新しい住宅地ではその地域の実情に合わせて安全な手法を考えることが効果的となります。自分の身は自分で守る姿勢があれば、どの地域でも生きていくことができます。