• ホーム
  • 新しく住む地域で発生するごみ捨て場問題とは?

新しく住む地域で発生するごみ捨て場問題とは?

新築のために別の場所で暮らす場合は、様々な手続きが必要となりますが、近所との付き合いも一定の手間がかかります。別の場所に引っ越したら、自治会や町内会へ加入する必要があり、速やかな手続きが必要です。地域により世帯ごとの加入が一般的ですが、わからない場合は自治会や町内会の代表へ相談することが必要となります。町内ではゴミ捨て場が決められているのが一般的で、交代での清掃当番も回ってきます。

別の場所では、その地域で独特の決まりがあるのが一般的で、それを知るのが暮らしのために必要です。わからないことの相談は自治会や町内会の代表にするのが一般的ですが、班長にすることが決められていることもあります。自治会や町内会への入会は世帯単位が普通ですが、その他の決まりが定められていることもあります。引っ越したら速やかに新たな土地の決まりに慣れることが必要となります。

新築では工事中の近所への挨拶は施工者が行っていますが、引っ越したら隣近所へ本人が挨拶するのが礼儀といえます。ゴミ捨て場では分類の方法や種類が決められているので、その決まりに従ったゴミ出しが必要となるのです。マイホームでの近隣対策は、特に問題が無い限り必要はありませんが、問題が発生した場合は速やかな対応が必要となります。

新築では近隣との関係性が重要となりますが、日影の問題は慎重に包める必要があります。日影の規制は建築基準法で定められ、住宅も例外ではありません。第一種低層住居専用地域では軒高が7mを超える場合に日影図の提出が求められます。住宅の計画では法規の規定をクリアするのはもちろんのこと、近隣に長時間の日影が生じない工夫が必要です。第一種低層住居専用地域などの住居系用途地域内では民法による訴訟のリスクもあるので、建築基準法を満たすだけに留まらず、慎重な配慮が求められます。

近隣とのトラブルで多いのが境界線の問題です。新築では境界線をはっきり明示することが建築確認申請で指摘されますが、現地の状況を確認することが大切です。既存の塀や杭がある場合はその持分をはっきりさせることが必要となり、紛争がある場合は早期の決着が望まれます。近隣との付き合いは工事中から始まっており、騒音や振動をなるべく減らす努力が必要です。工事中から配慮することにより、引っ越し後の人間関係を良好に保つことができるのです。引っ越し後は草取りを行い、植物が伸びて迷惑をかけないようにする必要があります。