• ホーム
  • 家を建てる前にトラブル案件をチェックしよう!

家を建てる前にトラブル案件をチェックしよう!

大きいアパート

マイホームを建てる場合は事前にトラブル案件をチェックすることが望まれます。インターネットが普及した現代においては、トラブルや欠陥住宅のチェックも容易となっているので、事前に調べることが大切です。欠陥住宅ができる原因は様々で、工事中に他者が注意することで発生を未然に防ぐことも可能なのです。現在は他者が検査するシステムを取り入れている会社もあり、欠陥住宅の発生を未然に防ぐことができます。

マイホームで欠陥が発生しやすいのが屋根で、雨漏りが発生する最悪のケースも見られます。屋根のトラブルは施工不良によるもののほか、庇が短いなどの設計に由来するものもあります。屋根の壁からの出が少ない場合は、隙間から雨が漏りやすくなります。壁から釘の頭が出ているなどが水漏れの原因となることもあるので、注意が必要です。釘は水に弱く、雨で腐食しやすい材料なので、慎重な施工が必要となります。

屋根は形状により雨漏りが発生しやすくなります。屋根の形状がなるべくシンプルになるように、出入りのある平面プランを避けることにより、トラブルの危険は格段に減少します。屋根材に耐久性が無い場合は経年により劣化が進みやすく、雨漏りの発生も心配されます。屋根のトラブルを防ぐには建物本体を丈夫につくったうえで、瓦葺きなどの耐久性のある材料を採用することが効果的です。

住宅の欠陥は何も無い時だけでなく、増改築や災害の時にも発生することがあるので、注意深い配慮が必要です。増改築がしやすいのが木造軸組み工法で工務店が主に採用しています。ハウスメーカーの中には自社でしか施工できないクローズド工法を採用している会社もありますが、増改築の時に苦労します。クローズド工法の住宅を無理に増改築すると、トラブルが生じやすくなります。住宅はなるべくどの会社でも施工可能は工法で建てることが望まれます。

欠陥住宅はチェック体制が甘い場合に発生する傾向があります。住宅は建築基準法により完成検査が義務付けられていますが、一部の規格化された仕様のものは検査が省略されます。規模の大きな会社では規格化された住宅を提供することがあるので、十分な注意が必要です。小さな工務店が施工した物件でも、外部の設計事務所が現場をチェックした場合は、トラブルの発生が未然に防がれます。

設備機器は一定の使用により劣化が進むので、定期的な点検と交換が必要です。設備機器は建物よりも早く交換が必要となるので、取替えがしやすいものを初めから設置することが大切となります。住宅のトラブルは事前に発生が予想できる場合があるので、その対策をとることが必要です。