• ホーム
  • マイホームを長持ちさせるためにできること

マイホームを長持ちさせるためにできること

マイホームを長持ちさせるためには、メンテナンスの継続が必要です。メンテナンスは構造によって異なり、木造はシロアリのチェックが重要です。鉄筋コンクリート造はひび割れのチェックが必要で、雨水がコンクリート内に浸入しないことが必要となります。マイホームの定期点検では水回りなど劣化の恐れが考えられる部分を重点的に行うことが大切です。

鉄筋コンクリート造は屋根の部分がフラットな場合は弱点となり、防水層の確認が必要となります。木造では雨漏りのチェックが必要で、外部に欠損が無いことを定期的に調べることが必要なのです。木造でも鉄筋コンクリート造でも長持ちするには老朽化した部分を早期発見が必要で、そのためには定期点検が重要な役割を担います。早期発見により老朽化した部分はすみやかな修繕により元の性能を回復することが必要です。

建築の寿命はメンテナンスにより決まる部分があり、修繕の努力が長持ちにつながります。建物の老朽化は異なる材料の部分で発生しやすく、重点的なチェックが必要となるのです。さらに、構造の異なる部分も注意が必要で、木造の場合はコンクリートと接する基礎が重要となってきます。木造の寿命は鉄筋コンクリート造と比較して短いとは限らず、基本的な使い方を間違わない限り、長持ちする可能性が高いと考えられます。

マイホームを長持ちさせることは定期点検と修繕にあり、そこに資金を使うことが必要です。マイホームの寿命を短くする要因に屋根の老朽化があります。屋根の耐久性が低い場合は建物全体に被害が及び、寿命を短くしてしまいます。水回りに関しては注意深くチェックし、異常はすばやく修繕することが必要です。木造ではシロアリの害が侮れません。シロアリは水漏れのある部分に発生しやすく、その補修がシロアリの防止につながります。

マイホームを長持ちさせるには、耐久性のある材料を使うのも対策として必要です。特に屋根は瓦葺きなどの丈夫な材料を用い、全体としての耐久性を確保することが大切です。内装にプリント合板などの老朽化が目立つ材料を使った場合は、全体の印象が悪くなります。内部の仕上げでは自然素材を活用し、長持ちさせる工夫も必要なことです。無垢のフローリングは長い間使っても、見た目は衰えず、最初の美観を保ちます。建築では見た目も重要で、きれいに保つことも大切なのです。設備は壊れるものなので、容易に交換できる工夫が初めから必要となります。