• ホーム
  • ハウスメーカーと工務店を比較してみよう!

ハウスメーカーと工務店を比較してみよう!

おしゃれなリビングルーム

マイホームの依頼先にはハウスメーカーの他に工務店があります。日本の家づくりは伝統的に大工が行ってきましたが、それを引き継いでいるのが工務店なのです。ハウスメーカーは戦後にプレハブメーカーとして設立されたものが多く、大規模な宅地の開発などで組織を拡大してきました。

ハウスメーカーが営業する地域は一般に広く、全国で展開する会社も多くあります。独自の研究員が在籍し、技術力が高いのも特徴です。品質は全般にむらが無く、安定した生産を行っているので地域からも理解されています。ホームページでの口コミは良好ですが、会社別に異なった評価を受けるのが一般的です。そのため、ハウスメーカーの全てが同じ評価を受けることはありません。

工務店は地域に密着して展開し、住民から理解されています。伝統的な施工の技術力は高く、大工の間で引き継がれる卓越したものはハウスメーカーでは真似のできないものです。中には大手の下請けとなることもありますが、独自に仕事を受注することもあります。下請けでは高い技能を現場で提供し、独自の仕事では自然素材の使用などを顧客に提案しています。ホームページを持つところも増え、口コミも受けるようになりました。

自由度を両者で比較した場合は、ハウスメーカーが規格化された住宅を提供し、安定した品質を提供するのに対して、工務店は自由設計が基本となり、出来不出来のバラツキが生じることもあります。基本的にハウスメーカーはプランニングの自由度はありますが、構造や仕様は決められているのが一般的です。工期は両者に大差は無く、ハウスメーカーの工場生産される軽量鉄骨造の場合は早くなる傾向です。ツーバイフォー工法は両者共提供できるので、比較は同じことになります。

ハウスメーカーと工務店の比較では工期や出来栄えの見た目で大きな差は無く、信頼性ではハウスメーカーが勝っている程度です。どちらの場合も実際に施工するのは工務店の大工なので、品質に差はなくなります。工務店の建てる住宅は規格化されたものではないので、施主の自由度は高くなります。耐久性の高い瓦屋根や健康に良い自然素材も工務店ならば使いやすいと言えます。

どちらを選ぶかは近くに信頼できる事業所があるかどうかで決めることも可能です。さらに、信頼できる担当者と出会えた場合はどちらに依頼しても良いものが得やすいと言えます。工務店の安定性が心配な場合は、完成保証をつけてもらうことで不安は解消されます。